恒星までのキロなどについて演習をしました

星について育成しました。恒星までのキロは、離れた2事項から視差(三末端視差)を測定することによって求められます。しかし、恒星は非常に遠くにある結果、2事項タームのキロをできるだけすごくとらないと視差をチェックできません。地球上の測量者が利用できる2事項タームの最遠路は、地球の公転軌道の直径だ。こういう直径をもとにしたのが、カテゴリー周視差だ。カテゴリー周視差は遠方の恒星ほど狭く、恒星までのキロにあべこべします。恒星のキロを表すロットとしては、光年やパーセクが用いられていらっしゃる。1光年とは光線が1年間にすすむキロのことです。ケンタウルス座α星の進め方のクラスは、−0.01等だ。カテゴリー周視差は0.742″だ。キロは4.4光年だ。バーナード星の進め方のクラスは、9.54等だ。カテゴリー周視差は0.549″だ。キロは5.9光年だ。ウォルフ359の進め方のクラスは、13.53等だ。カテゴリー周視差は0.421″だ。キロは7.7光年だ。知らないことを知れて良かったです。